線維筋痛症と付き合う私

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)という病気をより多くの方々に知っていただきたく、このサイトを作成しました。 線維筋痛症に対する基本的な知識も大切だと思い、自分なりに勉強し書かせていただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。 もうひとつ、私が読んでいただきたいのは、そこに添えて書かせていただいた、私の体験や心の内の部分です。“線維筋痛症=怠け病”というイメージを絶対に無くしてほしいのです! 私の体験だけですべてを語ることはできませんが、線維筋痛症を知ろうと思ってくださっている方たちの、第一歩になれればと思っています。また、今現在、線維筋痛症という病気で苦しんでおられる方たちに、「一人ではないんだ!」と少しでも励みになれれば幸福です。 線維筋痛症の私たちを診察してくださる医療者の方々にも、ぜひ患者側の心の内を知っていただきたいと思いました。これからの線維筋痛症ほか、心とともに治療していく病気の発展に、少しでもお力になれればとてもうれしいです。

« 2007年02月 | Top

新着情報【2007年03月】

線維筋痛症という病名は、ヨーロッパやアメリカでは100年以上も前から知られていま...

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)の痛みは全身のあらゆる場所(頭・首・肩・腕・手...

線維筋痛症の症状として痛みが挙げられますが、他にも同時にいろいろな症状が発生する...

線維筋痛症の患者をとりまく環境は、かなりきびしい状況にあります。線維筋痛症の患者...

線維筋痛症には、一般的に40代~60代の中高年の女性に多いといわれています。 ま...

線維筋痛症を疑ったときに、まずはじめにする診断方法は、圧痛点への刺激です。 全身...

・名前  emi ・性別  女 ・年齢  20代 ・出身地 大阪 ・ご意見、ご感...

線維筋痛症を疑うときにまず病院で受ける検査は、一般的に行われる血液検査やレントゲ...

線維筋痛症の原因は、いまのところ不明です。 線維筋痛症といわれる病気は、続発性線...

原発性線維筋痛症の治療方法で行われる投薬治療として、痛みを軽減させるために鎮痛剤...

線維筋痛症の治療法として、投薬治療のほかに効果を期待されているのが針治療です。 ...

線維筋痛症の治療をしていく上で、最も大切なことは患者さんの心のサポートだと思って...

線維筋痛症の症状の改善策として、ウォーキング、ストレッチ(体操など)、水泳などは...

線維筋痛症を疑った場合、まずはリウマチ科、もしくはリウマチ内科を受診されることを...

今現在、線維筋痛症とともに過ごす私が、いつも心がけていること。それが、「“自分”...

自分や周りの誰かが、線維筋痛症ではないかと疑って受診する場合、まずはじめにリウマ...

線維筋痛症の治療において、精神科、心療内科に力を借りることは必要不可欠だと思って...

線維筋痛症で受診をしようと思われたときに、事前にしておいてほしいことがいくつかあ...

私がいつ頃から線維筋痛症の症状に悩まされるようになったのか・・・。はっきりとはわ...


「ストレスを抱えた医療従事者は"共感疲労"と闘っている」
(健康美容EXPO - 2009年4月19日)



当サイトへのご意見・ご感想等は以下のリンクよりお願い致します。
お問い合わせフォーム